縁(えん)。


写真を撮る時

おくはらを最前線に据えておけば

誰もが小顔の恩恵をさずかる



ワタシが世間のお役に立てる

数少ないチャンス。




その昔、なにかの舞台に出る。
人と人が出会う。
それが縁で、他の芝居に携わる。
そしてまた人と出会う。
その人を介してまた出会う。

そうやって芋づる式に人と出会う反面
ところてん式に人が押し出されてもいく。
突然の夜逃げのように、パタリと縁がなくなることもある。

長いこと時が流れて
出会って別れてをくりかえして
忘れた頃にふたたび出会ったりもして
ついには永遠に会えなくなったしもして。



そうやって今がある。



今の自分を構成している主成分は
過去の努力でもキャリアでもなんでもなくて

全部「人の縁」。


あきれずに、あきらめずに見つめ続けてくれている家族と仲間

これが主成分。



主成分の人たちと楽しく過ごしていたら、なつかしい写真も出てきた。

2017.04.25 Tuesday | - | 23:43comments(0) | - | by 座長おくはら

夢中にさせる。


伝統の巨人阪神戦@東京ドーム。

子供の頃は普通に巨人ファンだったけど、今やG党でもなければT党でもなく、あえて言うならプロ野球全体のファン、いやスポーツ全般のファン、アスリートをこよなくリスペクトしている、と言うのが一番しっくり行く。

どんなスポーツでも、スーパープレイを見るとゾクゾクするし、憧れる。

試合前の国歌斉唱から六甲おろしから闘魂込めてまで、元気に唄って堪能しました。



あきれるくらいパワフルな阪神の応援に度肝を抜かれ、これだけ夢中にさせるってスゴいなと、ひたすら感心してました。こちとらその昔、たかだか1週間程度の公演で、1日あたりたった100人程度の客を集めるのにひーこら言ってたのに、平日でも毎試合、数万人のファンを集める。

人を夢中にさせるってなんなんだろ。

実は昔から今まで、ずっと考えていること。

スポーツやエンタメだけじゃなく、生活の中でも、魅力のある人、ない人を分析して遊んでいます。

日々のたゆまぬ分析、プラス、トリッキーな人生経験のおかげで、だいぶ人を見抜けるようになりました。もう少しで解脱できそうです。

(*´ー`*)

2017.04.23 Sunday | - | 05:06comments(0) | - | by 座長おくはら

おしゃれカンケイ。


雨の日は、カッパを着て、迷わず長靴をはいて仕事に出かける。

一夜明けて、雨が上がると、帰りはこうなる(写真)。



「思いっきり田植えじゃないっすか(´∇`)」

仕事場の若手にいじられる。

「イヤ田植えなら俺は裸足だよ」

真面目に反論するが、そういう話じゃないらしい。


要は、「ダサい」ということ。




若い時からおしゃれとは縁がない。着るもの、はくもの、無頓着。

寒い時に薄着でキメたり、若干苦しくてもワンサイズ小さいのでタイトにみせたり。おしゃれさんに「おしゃれはガマン」と教わったことがある。実際は「なに言ってんだコイツ」と聞き入れなかったので教わってはいない。

寒きゃ温かくして、ピッタリかゆったりしたのを着て、腹が減ったら食べて、暗くなったら寝る。

自然に逆らってがんばるおしゃれなんて、不自然極まりない。




そんなダサい若僧がそのまま歳を重ねたので、ダサさがミルフィーユ状に折り重なっている。電車に乗る機会や都会に出る機会もグッと減って、ダサさも加速する。

もとからダサい風味に、今は追いガツオで出汁が濃厚になっている、と言っても過言ではない。



でも

すんごくおしゃれにキメてても、クチが臭かったりしたらイッカンの終わりだと思うのだ。

オベベばかりに気をとられて、己を磨くのを忘れたくはない。



上手にまとめて見せたが

おしゃれさんへの嫉妬に過ぎない。

2017.04.18 Tuesday | - | 10:00comments(0) | - | by 座長おくはら

3rd. season。


豆苗がまたウジャウジャ生えてきた。

ワタシも人間界じゃあ

「不死身」
「不死鳥」
「しぶとい」
「なかなか死なない」
「死にぞこない」
「相当な悪運の持ち主」
「改造人間」

など、「ハンパない生命力でお馴染み」みたいなところがありますが、この豆苗のソレも、なかなかどうして、いいライバルです。

毎日水を変えて、日に当てて、放っておいたらニョキニョキ伸びてきます。

さて、そもそも、どうやって食べるのが美味しいのでしょうか?簡単レシピ、ご教授ください。



豆苗は、生えちゃ食べられ、生えちゃ食べられ、ホント役に立ってエライと思います。

ワタシも生き生きと暮らして、少しでも役に立てたらと、切に願っております。

2017.04.17 Monday | - | 11:55comments(0) | - | by 座長おくはら

働く男。


「金欲しさの犯行」

「身勝手な犯行」

「残虐な犯行」

etc…

ホントいろんな表現があるなぁ、ってか犯罪ばっかだなぁ。

ニュースを見てると萎えてくる。



荒んだ現実から目を背けたいのか、もとから不真面目な性格なのか、「犯行」をいろいろ置き換えて遊びだした。

そしたら

「金欲しさの労働」

この言葉がじつに自分にしっくり来て、楽しくなった。大好きな人たちと遊びたいから労働している。ほぼ100%、自分にあてはまった。




「身勝手な労働」

けっこう意欲的に働いてくれるんだけど、なにせ的はずれでけっこう迷惑な従業員みたい。


「残虐な労働」

殺し屋みたい。「残虐な犯行」とあんま変わらない。


「身内の労働」

自営業。




言葉遊びは楽しい。




「周到に用意された巧妙な手口の労働」

これまでの肉体系、作業着系の労働のイメージを一新して、かなりスタイリッシュで、オーダーメイドのスーツ系の労働になった。



深夜の労働の間に
こんなことを考えていた。

(45歳フリーター)

2017.04.13 Thursday | - | 10:57comments(0) | - | by 座長おくはら

春の祭典。


夜勤を終えたその足で、わんぱく中年庭球団に向かう。眠いしお腹空いてたけど、遊び盛りの中年は止まらない。睡眠バッチリ、準備万端の時より逆に調子良かったりした。

みっちりテニスしたその足で、今年三度目の花見に向かう。先週のリハを経て今日が本番(?)。スタメンは若干変わったけど、今日は満開、乾杯のビールが旨すぎて失神しそうだった。

みっちり花見したその足で、カラオケに向かう。腹筋が引きちぎれそうなひきつりを起こしながら、一生懸命唄って、泣くほど笑った。

だいぶみっちり遊んで帰宅。体もノドも完全に休暇申請を出してきてるけど、気持ちが受諾しない。花見の間に終わっているサッカーの結果が気になって仕方ない。あえて試合結果を確認せずに帰って来たんだ。

DAZNで観戦。vs長崎戦。3−0で快勝。

かれこれ、正味29時間くらい起きてた。
若い頃のようにはいかない。このあと恐ろしいほど回復が遅い肉体を引きずりなが数日過ごすのだろう。

久しぶりに「疲れた」って口にした気がする。
とても気持ちのいい「疲れた」が出た。

そんな土曜日でした。

満開の桜と、仲間たちに
感謝。
(^ー^)

2017.04.09 Sunday | - | 07:04comments(0) | - | by 座長おくはら

ところざわだより。


日曜日くらいから
所沢にも春がやって来ました。

所沢に引っ越して1年が過ぎ、1年分この町が好きになりました。



昨日は、サザンファンという知人に、プロぺ通りのカラオケ館に連れて行ってもらいました。

お互いのお気に入りのサザンを唱い合う、紅白歌合戦的なサザンカラオケを予想していたのですが、知人は「ワタシ、音痴だから」と聞き役を決め込み、ほとんどワタシが唄うスタイルになりました。

三時間、おそらく30曲超、ぜんぶサザン。

45の素人中年の初のソロコンサートでした。



今日はこの町に住む友達と、航空公園で花見をしました。心許せる友達と昼間っから酒を飲む自由と背徳感を堪能しました。

初恋同士みたいな初々しいカップルが甘酸っぱい距離感で、どう演じても勝てるハズのない甘酸っぱい笑顔で、カメラを花に向けたりお互いに向けたり。

友達と悶絶しました。



桜を愛でる感じのポーズの、どうやらモデルかタレント風の女の子と、カメラマンみたいなグループもやって来ました。

スタイルがどうだ
ちょっとシャクレてるだ
衣裳がどうだと
えらそうなコメントを肴に
美味しく飲みました。



春が来て、花が咲くと
モノの見事にみんなが集まってきます。

人間も
動物や虫と
何ら変わらんな。

今日もとても気持ちのいい日だった。
ありがとう(^ー^)

2017.04.04 Tuesday | - | 21:15comments(0) | - | by 座長おくはら

ボクはそうだけどみんなはどぉ?。


いつかの
どっかの
桜。

…梅かコレ?
桜だよね?
どっち?

どっちにせよ
ウチのあたりの桜はまだです。




今日は朝から昼過ぎまでほんのり小雨つづき。
寒の戻りでなかなか寒い。
それでもかまわずわんぱく中年庭球団。
笑ったし動いたし、満喫。

天気がどう、気温がどう、体調がどう
そんなのはどうでも、一緒に過ごす相手が大事。
whenでもwhereでもwhatでもhowでもなく、ワタシは「who」が大事。

いい環境でいいタイミングでいい事をいい感じにやっても、いい人とじゃなかったら、台無しまではいかないけど今一つな感じ。

逆に

あんまりな環境であんまりなタイミングであんまりな事をあんまりいい感じじゃなくやっても、いい人とだったら、最高まではいかなくてもけっこう楽しい。

よくわからん人と食うフレンチなら、好きな人と食うカップヌードル、みたいな。



なので、庭球団のあとの花見もスーパー楽しかった。

気象観測的には二分咲き、花見気分的にはゼロ分咲き。入間・狭山の春はもう少し先だったけど、やっぱりそんなのはそんなに関係なく。

笑ったし美味かったし。


よくわからん人と行くワイハなら、好きな人と行く散歩の方が楽しい、みたいな。

言い過ぎだけど。
(゜゜;)
でもそんな感じ。
みんなはどぉ?



山雅も勝ったし。
ナイスな土曜日でした。

今日の花見はリハーサルで、来週またやるって言ってたけどホントかな。
楽しみじゃん。

2017.04.01 Saturday | - | 23:13comments(0) | - | by 座長おくはら

「創る」。


2まわり近くも歳の違う友達と飲んだ。

実際、歳が近いと話題も被るから、大して仲が良くなくてもごまかせる。年上にせよ下にせよ、離れれば離れるほど共有できるネタは減るので、そんな中でも楽しく過ごせる仲間はホントに貴重だなぁ。

彼女は楽しそうに"SNOW"でワタシと自分を撮っては、実に無邪気にはしゃいで次々と作品を見せてくれた。デジタルの力で加工、装飾して、人間の知恵と筋力を駆使して繰り出す「変顔」の限界をサラリと超えていく。

次々と笑いをとるSNOWに嫉妬した。惰性も含めて20年ほどそれなりに真剣に笑いを創造してきた後遺症だ。



今やすこぶるわんぱくな素人ではあるが、なんかどっかで昔の名残が出る。

マンガ原作のドラマ、映画が蔓延しているせいか、まったく見なくなった。昔、「マンガのファンを裏切らないように、マンガに忠実に、コマ割りに忠実に撮りました」と語る有名監督に、ひたすら違和感を感じてました。マンガがあるってことは、脚本はおろか、絵コンテ、カット割りまで準備されているのが、なんか楽してる気がして。そもそも、そんなら「マンガでいいじゃん」て。

ぜんぜん、個人的な好みですよ。

ついでに言うと近年ちょいちょいやってる「クラウドファンディング」ってのもちょっと苦手。知り合いもバリバリやったりしてるからビミョーな気持ちだけど、作品づくりの錬金術としてはムムムって感じ。自腹をきってひーこら創ってた経験が生み出したヤキモチだろう。

苦手ついでのついでに「朗読劇」もビミョー。これもやってる知り合いがいるからアレですが。肉体労働(表現)を割愛して、想像(創造)を客席にだいぶ放り投げたな、なんて思ったり。スマートでスタイリッシュな朗読劇なんて、大汗かいてムダに動き回ってやってた大根役者のヤキモチど真ん中。



なんつって
言うほど気になってるワケじゃないのでスンマセン。

わんぱく中年は、何を創るのか、自分の「やる気スイッチ」探しです( ̄▽ ̄;)

2017.03.31 Friday | - | 12:21comments(0) | - | by 座長おくはら

はじめて火を見た原始人。


日曜から今も、秋の長雨みたくシトシト降ってます。
だもんで、日曜のわんぱく中年庭球団は中止。よせばいいのに後輩のブルさんと入間のアウトレットデート。「見るだけだからな!」と語気を強めてTシャツ2枚購入( ノД`)…。

故郷松本は雪混じり。vs名古屋戦、先制するもまさかのオウンゴール×2で逆転負け。

ちょっとさみしい週末でしたが、テニスはまたできる、サッカーだって見れる。GWには帰省してアルウィン(スタジアム)で見るもんね。

他にも、飲もう、唄おう、花見しよう、うれしい誘いも待っているんだ。

そして兄ちゃんとこの姪っ子が高校合格、姉ちゃんとこの姪っ子が大学合格。

破産確定( ̄▽ ̄;)

うれしい、たのしい、大貧乏。




昨日の名古屋戦には間に合わなかったけど、ひかりTVのチューナーが届いた。DAZN for docomoとのハイブリッドで、TVで山雅観戦出来るようになった。さらにテニスとか格闘技とかも。

ウハウハだ。



しかしここまでくるのに四苦八苦だった。



チューナーが届いて、つないでみる。説明書もろくすっぽ読まないで、「差し込む方と差し込まれる方の形が同じならGO方式」でやってみるがつながらない。

こちとら「機械をチョップするか、ファミコンソフトなら外して「フーッ」てすればいける世代」なので、試してみるもびくともしない。

仕方なく説明書を見ると、やれipvlだかpppoeだ、プロレスのベルトかボクシング協会か、ペンパイナッポーみたいな文字が攻めてきてギブアップ。



しばらく窓の外、雨空を眺める。



謎の横文字とかを検索して、電脳系の人たちが当たり前にやる雰囲気を試してみた。

それっぽいサイトがウジャウジャ出てくるが、そもそも書いてある言葉の意味が分からない。

時限装置のコードを切るような緊張感で、ワケも分からずアレコレやってみる。



結局、何をどうしたかわからないが

突然、つながった。



部屋で独り「ウワッ」と声を上げた。


いや


「ウホッ」だったかも知れない。



こうやって文明を身に付けていくんだな。

2017.03.27 Monday | - | 10:32comments(2) | - | by 座長おくはら