あげちゃう。



「ホテルで1泊したけど一線は越えていないんですか?」

「手はつないでも一線は越えてない?」

「手は何回つないだんですか?」

元スーパーアイドル議員先生とイケメン市議先生を囲んで、ジャーナリスト面(ヅラ)して真顔で聞いてる記者たちに

おくデミー賞、あげちゃう。

なかなか低い次元のインタビューで、久しぶりに自然と笑顔になりました。


彼らはよく、報道の自由とか言論の自由、表現の自由なんておっしゃいます。気づかいと技術とセンスのない表現の上に、自由はないと思います。人の目につく以上は、まわりに愛情をもって表現しないと、その自由はただの勝手だと思います。勝手は自分ひとりのへやで大人しくひたすらやるものです。

なんてね。



ちなみにおくデミー賞は、巷のどうしようもないヒトやモノや作品などに、不定期で突発的にあげちゃう賞。言ったら個人的に楽しむラジー賞(ゴールデン・ラズベリー賞だっけ?)みたいなもん。ワタシが思わず笑っちゃったらあげちゃいます。


ユーチューバーのマツイ棒の人も、当初は圧倒的大根芝居で授賞間違いなしかと思ってましたが、この後の裁判とかの心象をきにしてか、すっかり勢いをなくしてしまったので落選。

車の中で大暴れのマユコ先生もグッドタイミングで入院してしまったりで第一線を退いてしまいました。

カゴイケ氏の奥さま、という可能性もありましたが、ダンナさんと言う主役を映したいのに、バンバン見切れてきて(写り混んできて)おまけにしゃべっちゃう、ものすごい迷惑なベテランエキストラみたいなところが好感度につながらなかったようです。


過去には、船場吉兆のささやき女将などが授賞しています。

みんな自由に頑張れ\(^o^)/

2017.07.29 Saturday | - | 16:58comments(0) | - | by 座長おくはら

スポンサーサイト


2017.10.23 Monday | - | 16:58 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする