時代の波。


ツイッターとかインスタグラムってのは、「おもに若い人らが使って遊ぶひまつぶしのツール」だと、勝手に思っている。だから、「トランプ大統領がツイートしました」とか「(娘の)イバンカさんがインスタグラムを更新しました」とかいったニュースを聞くと、「ふざけとんのかな」とか思ってしまう。



ツイッターは、好きな芸能人とか有名人を身近に感じられるし、反対に嫌いなヤツの私生活ものぞき見出来るのが楽しいのだろう。ワタシはあの「ツイートする、つぶやく」という無責任さが苦手なのと、心底しょうもない、ボケ老人の独り言にも劣るつまらないつぶやきを見させられて、それが寄せては返す波のように次々とこまめに押し寄せてくるのがしんどいので、手を出さないようにしている。Facebookはやらせてもらっているが、自分のツイッターと連携させていたり、自分についてのツイートされたものを逐一Facebookにあげてくる人もいて、それがしょうもないのばっかだと、なかなかキビシイ。

インスタグラムに限らずだけど、もはや写真は加工、修正でいくらでもいい感じにできてしまうので、景色だろうがスイーツだろうが、とりあえず適当に物撮りさえできてれば大丈夫。そうなると、人間のセンスも機械まかせでどんどんバカになるばかり。



どうも時代が生み出す流行りものに、じょうずに迎合出来ません。


元国会議員の小西さん(でしたっけ?)が自分のツイッターについてテレビで「つぶやいてるだけだから自由でしょ」「それを(世間やマスコミが)勝手に炎上させて」と吠えていました。

出来るのかどうか知りませんが、ツイッターを誰も読めないように非公開に設定できて、その上で好き勝手文句たれるなら、昔の日記帳みたく、机の引き出しの奥に隠してるみたいでアリかもしれません。でも思いっきり公開してるなら、それはもう独り言(つぶやき)では済まないんじゃないかなと。「じゃあ見なきゃいいじゃん」とよく言いますが、ワタシなりの統計では、見なきゃいいじゃんと言ってるヤツほど、ちゃんとキライなヤツのSNSをチェックしている傾向があります。

ちなみに、いろいろ吠えている小西さんは、見た目もそうですが、ブスが内からもあふれ出ていました。キライでしたがもっとキライになりました。



と、今日は少し自由に書いてみました。

やっぱりSNSも自由ではなく、センスをみがいて、気づかいをもって使うべきかと。それはもしかしたら、面と向かったコミュニケーション以上の気づかいをもって。

2017.11.03 Friday | - | 23:22comments(0) | - | by 座長おくはら

スポンサーサイト


2017.11.20 Monday | - | 23:22 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする